こんな使い方もあったのか。海外から「お店で受取り」で自転車旅を楽しむ!

2018.12.21

びっくり!突然届いた海外からのお問い合わせ

11月の中旬頃、あさひのネット通販窓口に海外から英語のお問い合わせがありました。 「香港に住んでいるのですが、DahonのDash Altenaがほしいと思っています。この商品は在庫がありますか? 日本に来て自転車の旅をしたいと思っています。」

実際のお問い合わせ

問い合わせをいただいたのはこちらの商品。

ダホン[DAHON]
2019 Dash Altena(ダッシュアルテナ) 20インチ 折りたたみ自転車
詳細はこちら

どうやら、香港にお住いのAlexさんという方が、12月に日本で自転車の旅を検討しているという。

広島からしまなみ海道を通って鳥取まで輪行をしながら旅をするために、広島のあさひの店舗で「お店で受取り」をしようと計画しているとのこと。

お問い合わせの文面から、Alexさんがわくわくしながら旅の準備を進めていることが伝わったので、スタッフが思い切って「ブログで今回の旅の紹介をしてもいいですか?」と確認したところ、「もちろんだよ!」と二つ返事で受けていただけました。

Alexさん、ありがとう!

という事で、急遽決定!「香港からのお客様が商品を買って、旅に出るまで」をご紹介~! 果たして彼の広島―鳥取自転車の旅は無事実現できるのか?

教えて!Alexさん。なんで自転車で日本を旅することを決めたの?

日本語が流暢に喋れることでもなく、趣味として自転車に乗っているわけでもないAlexさんでしたが、なぜ日本を自転車で旅することを決意したのでしょうか?彼が思い切ってあさひにお問い合わせをいただくまでの経緯を聞いてみました。

Q:あなたのことを教えてください!

A:僕の名前はAlex。香港に住んでいて、もともとクライミング、トレッキング、キャンプなどのアウトドアが大好きです。自転車は趣味としてはそこまで乗ったことがなくて、学生時代、大学に行くときに少し乗ったことがあるくらいです。 とにかく自然が好きだから、香港ではなかなかできないいろいろなアウトドアアクティビティをやってみたいと思って自転車の旅を計画しました。

Q:自転車旅をすることになったきっかけは?

A:今回自転車の旅を計画したきっかけは、昨年友達と尾道に行った時にレンタサイクルで渡ったしまなみ海道の景色が本当に素晴らしかったから。

それからオランダに行ったときに田舎の方で多くの人が自転車を移動手段に使っていて、「もっと自転車に乗ってみたいな」と思った時に友達に誘われて日本を自転車で旅することを決めました。結局その友達はとある事情でこれなくなってしまったのですが笑

海外で自転車旅をするなんて、よっぽど自転車が好きな人なのかと思いきや実は普段は近場を移動するために自転車に乗る程度とのこと。昨年しまなみ海道でレンタサイクルを借りて島々を走ったことがきっかけで、輪行(自転車を畳んで公共交通機関で移動すること)をして自転車の旅をしたい!と思いついた様です。友人がこれなくなったにもかかわらず、異国でのソロの自転車旅を決行した彼の行動力に脱帽です!

どんなルートで鳥取までいくの?

今回の自転車旅の出発は、香港から自転車を注文し、日本で商品を受け取るというアクロバティックなお買い物から始まります。日本で自転車を受け取ってからどんな旅のプランを考えているのか聞いてみました。

Q:今回の自転車旅の概要をざっくり教えてください!

A:昨年行ったしまなみ海道の景色をもう一度見たいので、その近くで自転車を受け取ることを決めて、広島から今治、尾道、倉敷、津山、そして最終目的地は鳥取にすることに決めました。

当日香港からの飛行機は広島への直行便が取れ無かったので、大阪に到着することになりました。そこから電車で広島まで移動し、あさひ広島出汐店で自転車を受け取って旅を始めます。 広島には多数自転車店がありましたが、サイクルベースあさひを選んだ理由は何と言っても「お店で受取り」ができたからでした。 ネット上でも店頭でもいろいろと相談に乗ってもらい、詳しい説明をしてもらえたので本当にありがたかったです。

事前にお問い合わせいただいた際、旅行中に指定の日にしか商品を受け取れないということで、正直承るのは難しいかな、、、とスタッフは感じました。 ただ、1か月以上前からお問い合わせいただいておりご用意まで時間があったという事と、Alexさんの熱意に押され、店舗、仕入れ先と連携を行いなんとかご要望にお応えすることができました。

ついに当日。あさひで自転車を受け取ります!

広島出汐店についたAlexさんは注文後にメールで受け取っていた注文番号をスタッフに見せ、事前に情報共有していたシラマツ副店長がご対応しました。 DahonのDash Altenaはもともとスタンドがついていない自転車だったので、店頭にあるスタンドを取付け、荷物をつけるためのキャリアも取付しました。

※ハンドル角度は任意で調整されています。

店頭でパーツを取り付けている間、旅のルートのことや、その近くにあるあさひのことなどをお話していました。お互いつたない英語とハンドジェスチャーで意思疎通を行い、意外と会話ができたようです。 変速やブレーキの仕方、サドルの高さの調整などをはじめ、自転車の折り畳みの仕方を詳しく説明し、Alexさんも実際に触りながら確認していきました。

一通りご説明が完了したらついに出発! 約1か月前から準備していた自転車を無事受け取ったAlexさんは、これから鳥取までどんな旅が待っているのでしょうか。

そして出発!Alexさんから旅の便りが届きました

自転車を受け取り鳥取への旅に出発したAlexさん。12月7日に広島を出てから4日後の11日に旅の進捗状況を確認してみました。

今治からしまなみ海道を満喫し、現在尾道にいるとのこと。


びっくりすることにノートパソコンを持参して、途中で仕事をしながら進んでいるようです。日本ではなかなか考えられないワークスタイルですね。
パソコンを含めた荷物がかなり重いのでなかなか時速が上がらないとのことでしたが、店頭でつけたキャリアが大活躍しているみたいで安心しました。

また、熱帯地域の香港育ちのAlexさんにはこの季節の日本の寒さがなかなかきついとのこと。実は筆者も学生の時に香港に住んでいたことがあったので、その気持ちはすごくわかります。12月でも20度前後の気温で、だいたい沖縄と同じくらいの感覚。果たしてAlexさんが中国山脈の寒波に耐えられるのか心配なところです。

必死にペダルを漕いだその先に、おいしいグルメや素敵な風景があるとホッとしますが、どこに泊まるかも旅をするうえでとても重要ですね。

尾道沿いでAlexさんが泊まったゲストハウスはONOMICHI U2という知る人は知る自転車乗り専用のゲストハウス。客室に愛車を持ち込めるので、置き場所に困ることもないし、サイクリストが最大限にリラックスできるようなおもてなしが楽しめます。

部屋以外にも、館内にGIANTストアが併設されていたり、尾道に関する本がおしゃれなソファでたのしめたり、一人で来ても十分楽しめる場所です。どこもかしこも画になるので、SNS用の写真も撮り放題ですね。

ひとまず旅をしっかり楽しんでいるようで、よかった!あさひとしてもAlexさんの旅の一助ができたことが本当によかったです。

旅に出るのをためらうあなたに

驚くほどの好奇心で前に前に突き進むAlexさんは自転車を通じでこんな楽しみ方もできるのだという事を教えてくれました。これからもあさひで買ったDash Altenaとともにいろんな旅に出てほしいと思います!

しまなみ海道にいってみたい。輪行で旅をしてみたい。一人で自転車旅に行ってみたい。そう思ったことがあるけどなかなか行動に移せなかったあなたに、ぜひAlexさんの旅が刺激になればとおもいます!

旅人予備軍よ、準備を始めるのだ!

TEXT:harry

SPECIAL THANKS:Alex

■Alexさんが宿泊したゲストハウス

尾道駅近くにあるレストラン、カフェ、アクティビティエリアが併設しているゲストハウスonomichi-u2

今治市にある自転車旅人の集まる「シクロの家」CYCLONOIE

■Alexさんが使用した自転車と輪行袋

ダホン[DAHON]
2019 Dash Altena(ダッシュアルテナ) 20インチ 折りたたみ自転車
詳細はこちら
ダホン[DAHON]
スリップバッグ XL
詳細はこちら