自転車の最大積載量って、ご存知ですか?

2012.02.01

JIS規格では乗車する人間の体重を65キロと規定

自転車の最大積載量って、ご存知ですか? JIS規格では、乗車する人間の体重を65キロと規定しています。
65kg以上の人が乗車するとすぐに壊れてしまうというものではありませんが、著しくオーバーした体重の方が常用される場合には、車体や各部品などの消耗度合い、劣化度合いが大きく早くなることをご理解ください。

積める荷物の重さについて

自転車と後荷台(リアキャリア)によって異なります。一般的にはこの2つが多く出回っています。

  • 最大15キロ・・・・・クラス15
  • 最大25(or27)キロ・・・・・クラス25(27)

後子供乗せ(リアチャイルドシート)を取り付ける場合、クラス25(27)でないと、取り付けてはいけない決まりになっております。

ちなみに、チャイルドシートの重量を5キロとみていますので、クラス25の場合、お子様の体重制限は20キロまでとなります。クラス27というのは、年々チャイルドシートのつくりが豪華になってきており、5キロを超えるものが出てきたため、お子様の体重制限に変更を加えずに済むように、+2キロとして、クラス27となっています。

自転車の最大積載量はどうやってわかる?

実は約2年前(2010年5月)までは、フレームには「クラス・・・・」かがわかるシールや刻印って、ありませんでした。チャイルドシートの事故をきっかけに、メーカーが自転車にはっきり分かるように明示しなければいけないというルールができました。 フレームのここらあたりに、シールが貼られています。   この自転車には、リアチャイルドシートが取付できません。フレームもしくはリアキャリアのどちらか一方でもクラス10や15であれば、リアチャイルドシートは取付できません。   後荷台(リアキャリア)の場合、このあたりに刻印されています。 ※かなり見にくい(読み取りにくい)刻印です。

荷物の大きさについて

荷物を載せる場合、重量だけではなく大きさにも決まりがあります。 荷物を載せる際は乗っている自転車の最大積載量、取付可能なカゴの大きさを確認するのを忘れずに!